多様性

Diversity 次世代コミュニケーション

企業の持続的成長に生産性向上とイノベーションの促進は喫緊の課題です。
海外の売上高が加速する製造業、従業員のテレワークが求めらるサービス業、
遠隔技術の実証実験が加速する病院、遠隔授業で活躍が拡がる文教など幅広い分野にIIJグローバルは貢献します。
多様化する地域、人材、事業領域、働き方の実現は
最新コラボレーション基盤を提供するIIJグローバルにお任せください。

IIJ Globalを選ぶ理由

シームレスなマルチクラウド連携

シームレスなマルチクラウド連携

Office 365のSkype for Business、WebExなどと連携し、企業内で乱立・分散しているコミュニケーションを統合します。

マルチデバイス活用

マルチデバイス活用

既存のコミュニケーションインフラを有効活用しながら、職場で起こりがちなコラボレーションの壁を解決し、生産性向上に寄与します。

IIJ Globalが掲げる
“Modern Workplace”

ワークプレイスの解放

  • テレワーク
  • テレワーク
  • どこでもオフィスを
    実現するUC環境
  • フリーアドレス
  • フリーアドレス
  • 業務の効率化と
    コミュニケーション活性化

コラボレーションの革新

  • マルチプラットフォーム
  • マルチ
    プラットフォーム
  • メーカに依存しない接続で
    既存端末も有効活用
  • Office 365連携
  • Office 365連携
  • Skype for Businessの
    活用を最大化

IIJ Globalが描く
“Modern Workplace”

IIJ Globalが描く“Modern Workplace”

実現したいコミュニケーション環境はありますか?

テレワーク

在宅・外出先でもオフィスと同じ環境を

テレワークの声が高まる中、業務効率化を実現するためにオフィスと同様のコミュニケーションが求められます。スマートフォンの「どこでも内線化」が働く場所の自由度を高め、テレワークにおけるコミュニケーションの課題を解決します。

フリーアドレス

セキュアなWi-Fi環境の整備

マルチデバイスで場所も固定化されない環境において、Wi-Fiのセキュリティはユーザを中心に考える必要があります。柔軟なアクセス制御と認証・拡張性が新しい働き方を支援します。

マルチプラットフォーム

メーカに依存しないクラウドビデオ会議

新しいコミュニケーションの在り方を検討する上で、悩ましい課題の1つが既存の端末をどうするかという点です。新規投資を抑えながら効果を出したいというご要望にこそ、ベンダーフリー&マルチプラットフォームのクラウドサービスが有効です。

Office 365連携

Skype for Businessとビデオ会議の連携

会議の場での「議論による意思決定」は日々発生します。分断されていたSkype for Businessとビデオ会議を連携させることで、個々のツールがもつ価値を最大化し、あらゆる場面に対応できるコラボレーション環境を実現します。