MAILMAGAZINE ARCHIVEOffice 365導入後から尽きない
Skype for Business"3大お悩み"を解決

  • 2017年1月10日
  • 吉田 拓未
  • カテゴリ
  • ビデオ会議、Office 365、Skype for Business

こんにちは、IIJ Global吉田です。

業界のトレンドを追いかけているイノベーターの皆様向けにIIJグローバルから有益な情報提供を今月より開始致します。

メディアで話題になっているあのサービスの裏側や5年先の日本を創造していく主軸のサービスなど、弊社独自の目線で惜しみなく情報を展開して参りますので今後とも宜しくお願い致します。

さて新年第一号は、昨年度最も多かったビデオ会議(テレビ会議)に関するお悩み「Office 365導入後から尽きないSkype for Business“3大お悩み”を解決」というテーマでお届けします。

昨年、Office 365の導入に併せてSkype for Business(以下SfB)を利用し始めたという企業様も多いと思います。ですが、実際にご利用されているエンドユーザの方からはこの様なお問い合わせがよく来ているそうです。

  1. 会議室に既設のビデオ会議端末とSfBは繋がらないの?
  2. どう使い分ければ良いの?
  3. 大会議室へSfBを持ち込んだけど大人数では会議にならなかった(怒)

情報システム部門の皆さんならお分かりだと思いますが、なんでもSfBで解決できるわけではございません。世間ではOffice 365導入にあたりコミュニケーションツールを全てSfBでまとめようとする傾向にありますが、会議室に既設のビデオ会議端末と新たに導入されたSfBは...
あえて分散しておくという秘策があります!

  • 既にお持ちの会議ツールを無駄にしたくない企業様
  • Office 365(Skype for Business)導入を成功させたい企業様

この様な企業様に、会議室に既設のビデオ会議端末と新たに導入されたSfBを連携して資産を有効活用する方法、またその先に開けるビデオコミュニケーションの可能性についてご紹介します。是非ご一読ください。

ライター イメージ

今号のライター:
ビデオ会議サービスプリセールス吉田 拓未

「自分で創ったサービスを自分で売りに行く」を モットーにしている軽快なフットワークのプリセールス。 最近の関心ごとは、エキスパートオンデマンドの実践。お客様先の営業からのヘルプにも柔軟に対応。 福岡出張中に大阪のお客様の提案サポートをしてみたりと、なんでも実践してみる派。