MAILMAGAZINE ARCHIVEベトナムでのデータバックアップ、どうされています?

  • 2019年11月25日
  • 國安 雄
  • カテゴリ
  • ベトナム、クラウド、セキュリティ対策

こんにちは。IIJ Global ベトナムの國安です。

万が一、現地のサーバがランサムウェアに感染した場合、サーバデータの復旧、そもそもデータのバックアップはどう対応されていますか?

企業進出が続くベトナムは、不思議と海底ケーブル障害が多発する国で、その度に国外との通信は不安定になります。ベトナム国内は光ファイバーが整備され、通信の安定化・高速化が進んでおり、各種クラウドサービスの利用が本格化しています。しかし、セキュリティ面では、ウィルスの蔓延やランサムウェアの感染リスクは至るところに潜んでいます。そこで弊社は、

ベトナムでBaaS(Backup as a Service)の提供を開始しました。

対象サーバにエージェントを導入するだけで利用でき、データ自体は暗号化されてベトナム国内のクラウドであるFPT HI GIO内に保存されます。ベトナム最高峰 Tier3 認証取得済のデータセンター上にある弊社のFPT HI GIOは、今後加速するデータローカライゼーションに対応していく際、セキュリティ面で最適な基盤です。皆様のベトナム拠点のBCP対策やデータ保管に是非ご活用ください。

ライター イメージ

今号のライター:
IIJ Global ベトナム 國安 雄

日本、アメリカ、タイにてITコンサルタントとして勤務後、現在はベトナムでFPT HI GIOを運営。電子バイオリンとお酒が趣味。各国を電子バイオリン片手に周り、即興音楽を奏でている。