ニュース・2019

プレスリリース

IIJグローバル、海外進出企業向けWebセキュリティサービス「Global Web Security Zscaler ZIA」を提供開始
日系企業のグローバルITガバナンスの確立を支援するソリューションを拡大

2019年3月18日
株式会社IIJグローバルソリューションズ

株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部、以下IIJ)の100%子会社で法人向けWANサービス事業等を展開する株式会社IIJグローバルソリューションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩澤 利典、以下IIJグローバル)は、海外に進出している日系企業向けに、現地オフィスのWebセキュリティを強化するクラウド型Webプロキシサービス「Global Web Security Zscaler ZIA(ゼットスケーラーゼットアイエー)」(以下、本サービス)を本日より提供開始いたします。

日本における少子高齢化の進展や労働生産人口の減少等を背景に、日本企業の海外進出は継続的に増加しています。海外進出する企業にとって、現地法人や海外子会社に対するITガバナンスやセキュリティ対策は重要な経営課題となりますが、日本側のIT専門人材の不足等によりIT管理業務を現地に任せざるを得ず、現地のシステム環境がブラックボックス化してしまうケースが散見されるなど、早急な対策が必要とされています。
本サービスは、海外拠点のスタッフがオフィス内外から様々な端末でインターネット利用する際のWebセキュリティを強化するもので、米国Zscaler Inc.のクラウド型Webセキュリティ製品を活用したサービスです。企業のセキュリティポリシーを海外拠点の各種端末へ統一的に適用可能なほか、利用状況等を専用Web画面で閲覧・一元管理できるため、遠隔地を可視化しながらより安全なインターネットアクセスを実現します。

本サービスの主な特徴は以下のとおりです。

あらゆる場所やデバイスからのWebセキュリティを確保

世界100拠点以上にノードが展開されており、国ごと、グループ単位でセキュリティポリシーを設定できるほか、モバイルにも対応しており、社外からでも一貫したポリシーを適用できます。

Office 365などのSaaS利用をより快適に

本サービスとOffice 365とのピアリングにより高速な通信を実現します。また、帯域制御によりOffice 365トラフィックを優先させることで、快適な通信を提供します。

お客様要件に合った導入支援

導入にあたって実機検証からシステム設計・構築、システム設定変更・監視などの運用支援まで、お客様の要件に合わせた導入支援を行います。IIJグローバルによるサポート窓口(日本語と英語/24時間365日)がご利用いただけます。

サービスイメージ図

Zscalerサービスイメージ

  • 利用料金は、お客様の要件に合わせた個別見積になります。

本サービスの詳細は、以下サイトをご覧ください。

IIJグローバルでは日系企業のグローバルITガバナンスを支えるべく、2019年度上期中に、CASB(Cloud Access Security Broker:クラウド利用の可視化・制御ツール)、IDaaS (IDentity as a Service:1IDで各種クラウドにアクセスできる仕組み)、SD-WAN(クラウド型ネットワークサービス)のソリューションを開始します。

すでに提供しているセキュリティクラウドサービス「Cato Cloud(ケイトクラウド)」、UTM機器の集中管理サービス「Secure de! World(セキュアデワールド)」など海外で実績のあるクラウドサービスや、IIJグループが展開するICTインフラサービスとも合わせ、海外におけるお客様のビジネスをIT面から積極的にバックアップいたします。

お問い合わせ

報道関係
IIJグループ 広報 荒井、増田
サービス・システム導入に関して
株式会社IIJグローバルソリューションズ
  • 本ニュースリリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
関連サービス・ソリューション
本プレスリリースに関連するIIJグローバルの サービス・ソリューションは以下になります。