MAILMAGAZINE ARCHIVE拝啓テレワーカー様、

  • 2017年10月10日
  • 大川 寛幸
  • カテゴリ
  • 働き方改革、テレワーク、ビデオ会議

こんにちは。コラボレーションサービス担当の大川です。

7月24日にはテレワークデイも実施され、益々盛り上がりを見せるテレワークという働き方。 私自身、オフィスをベースに活動していますが、外出もしばしばありますので、外出先からミーティングに参加したり、メンバーと情報共有したりする立派なテレワーカーです。

私は当然のことながら弊社サービスを利用しているので、ツールの安定性、機能、使い勝手などは申し分ございません!

カフェなどで多くのテレワーカー仲間を見つけることができますが、弊社サービスの様なセキュリティ万全のコラボレーションツールを利用している方もいれば、コンシューマー向けツールを利用している方などまちまちですね。ツールは各社様それぞれなのは分かりますが、腑に落ちないことがひとつだけあります。それは「どこでテレワークするか?」という問題です。本当にカフェで仕事をすることが快適なのでしょうか?

確かに隙間時間で作業ができますし、タバコとコーヒーでリフレッシュしながらで効率も上がりますね! でも落ち着きませんよね?周りの目や耳が気になりませんか? 結局自宅に戻ってからでないと落ち着いて仕事できないと感じているのは私だけではないと思います。

そんな我々テレワーカーの強い味方が、三井不動産様の手掛ける多拠点型シェアオフィス「WORKSTYLING」です!

WORKSTYLING には、弊社が提供するマネージドコラボレーションサービス「COLLABO de! World」のビデオ会議端末が設置されており、外部のビデオ会議システムとの接続が可能です。 当然、全てのセキュリティ面はオフィス同様に保たれており安心して本気モードで仕事に打ち込めます。

拝啓テレワーカー様、それでもまだカフェへ通いますか?

ライター イメージ

今号のライター:
IIJグローバルソリューションズ大川 寛幸

サービスの企画からプリセールスまで幅広くこなすコラボレーションサービスのスペシャリスト。「働き方改革」推進委員も兼務し、自社の働き方改革からお客様の働き方改革まで手掛ける。多方面で効率化を謳う一方、今日一日の業務効率化の良し悪しは朝の占いで決まる場合もあるとも説く。