MAILMAGAZINE ARCHIVE海外拠点の現地経営管理の実現

  • 2017年12月19日
  • 中馬 直哉
  • カテゴリ
  • 海外子会社の不正、経営管理

こんにちは。クラウド型ERPサービスの企画を担当しています中馬(ちゅうま)です。

海外に進出している企業が増加する一方で、海外子会社の突然の不正や損失により、日本企業の経営基盤が揺らぐケースも増えています。文化、通貨、商習慣等の異なる海外子会社の経営状況は正しく日本側から把握できていますでしょうか?

海外子会社の会計業務を「自社で行っている企業」、「記帳代行から外部に委託している企業」のどちらにとっても、海外拠点、日本本社、会計事務所の3社で会計情報をタイムリーに共有することが海外子会社経営管理の第一歩です。

そこで、海外子会社の会計業務を効果的に実現を目指す際の課題や解決策についてまとめました。海外拠点のブラックボックス化に薄々気付いているけれど、なかなか手が回らないご担当者様をサポートします。



GLASIAOUSは、経験豊富な国際会計事務所と連携し、お客様の海外拠点の磐石な経営基盤構築をサポートします。期間限定で無償利用できるトライアルプログラムもご紹介していますので、皆様の効率的な海外事業管理にご活用ください。

実際の画面や使い勝手を体験!無償トライアルはこちら
※当プログラムは終了いたしました

ライター イメージ

今号のライター:
クラウド型ERPサービスの企画担当中馬 直哉

日々進化するIT技術を活用した新規サービスを企画する一方、進化する子供向け玩具に驚きの毎日。クリスマスプレゼントは、子供向けと言いつけ自分が欲しいモノを探しています。