MAILMAGAZINE ARCHIVE新型コロナ対策は皆で一斉にやれば一番効果が出ます

  • 2020年4月7日
  • 長岡 聡子
  • カテゴリ
  • ビデオ会議、Webex、働き方改革

こんにちは。マーケティング本部 プロモーション担当の長岡です。

すでにテレワークを実施している企業は増えてきています。しかしテレワーク実現を謳う企業の中での実施比率の実態は未だ低く、正社員のテレワーク比率は13.2%※です。

確かにテレワークではできないお仕事もたくさんありますが、企業に対し全従業員の自宅待機を命じられたら、テレワークの準備が整っていない企業はビジネスがストップしてしまい、長期化すると企業の存続を脅かされる危機に陥ります。

非常時だけではなく平常時でもオンラインで、という観点で業務を見直すと働き方改革にも貢献できます。そして、検討にはツールだけでなくセキュリティや通信の快適性も視野に入れた選定が重要です。

ソーシャルディスタンシング(社会的距離戦略)を実現するため、ビジネスも「Stay Home」で新型コロナウイルスと経済危機を共に乗り越えましょう。私たちはそのお手伝いができます。

※パーソル総合研究所 「新型コロナウイルス対策によるテレワークへの影響に関する緊急調査」より

ライター イメージ

今号のライター:
マーケティング本部 戦略企画推進部 長岡 聡子

自宅待機になってから、普段あまり連絡していなかった友人ともSNSで密に連絡を取るようになりました。気持ちとコミュニケーション、そして情報を守る「オンライン3密」を心がけて一日でも早く明るいニュースが溢れる日を心待ちにしています。