MAILMAGAZINE ARCHIVE令和二年の年末挨拶

  • 2020年12月22日
  • 井上 喜延
  • カテゴリ
  • DX、デジタル・ワークプレイス

メルマガをお読みいただき誠にありがとうございます。営業本部の井上です。
年の瀬も押し詰まってまいりましたので、本年の総括として、SASEソリューションとインフラデザインセッションについて触れさせていただきます。

2020年は新型コロナウイルスの影響で、多くのお客様におかれては新しい働き方へのシフトをしつつ、即時対応可能なクラウド利用が促進され、ユーザやデバイスがいつでもどこでもクラウド上のアプリケーション、データ、サービスに安全にアクセスできるセキュリティ対応が求められました。その結果として弊社ではネットワークとセキュリティを統合したSASEソリューションをご提供するケースが急増いたしました。

また、DX推進に必要なデジタル・ワークプレイスの整備をきっかけに、今年は「パンデミック」「New Normal」というキーワードも加わり、CSやEXを向上させるITロードマップ作成の支援をインフラデザインセッションとして実施し大変ご好評頂きました。

2021年もお客様の期待に応え続け、期待を上回るご提案やサービス提供をし続けたいと考えております。

これからますます寒さが厳しくなってきます。また、コロナ禍での新しい年越し、迎春になると思いますがお体に気を付けていただき良い新年をお迎えください。

ライター イメージ

今号のライター:
営業本部 本部長 井上 喜延

今年の4月~6月は自炊中心で少しアルコール体質が改善されました。ここにきて気持ちが緩んでいましたが、再びの自粛勧告が発令されたのでこの機会に更に体質改善に臨みつつ、年末年始休は出歩かずITの勉強をしたいと考えています。引き続きいつも元気でお客様、パートナー様、社員、家族、皆と一緒に幸せになる事を目指します! Merry Christmas & Happy New Year !