SERVICEマネージドXDRソリューション

イメージ
エンドポイントからプラットフォームに及ぶ企業全体のセキュリティ運用を統合、生産性を高めて検出と対応を強化します。
パロアルトネットワークス社のCortex XDRをマネージドサービスでご提供します。ネットワーク、エンドポイント、クラウドにわたる豊富なデータをAIが学習し、優れた検出結果と共にセキュリティ運用業務の削減と強化を実現します。

カタログダウンロード

サービスの特長

point1

SASEと連携することでプラットフォーム全体を保護

Global SASE with IIJ Omnibusと組み合わせることでサイロ化されていたセキュリティ管理を統合し、デバイスからプラットフォームまで包括的な可視化と対処を実現します。

point2

機械学習を活用した最高峰の脅威検出と対処が可能

様々なデータソースを利用することで、既知および未知のマルウェア、ファイルレス攻撃、エクスプロイトをブロックする多層型防御によりデバイスを保護します。

point3

インシデントの検出から初動対処までを能動的に実施

アラートによる検知と通知だけでなく、セキュリティチームによるインシデントの判断から通信の遮断と端末の隔離までを実施します。

ご提供イメージ

Prisma Access サービスイメージ

  • プラットフォームからエンドポイントまで一貫した保護
  • 端末の振る舞いを学習し不審デバイスも検出可能
  • 脅威情報の自動連携で相互にブロック
  • 迅速なインシデント対応でセキュリティ運用負荷を軽減

マネージドXDRソリューションの利用メリット

クラウド提供により
定常運用業務の負荷を低減
ウイルス管理サーバのハードウェア/OSメンテナンス不要でバージョンアップも完全自動化を実現
様々なデータソースを利用した
クラス最高の検出と防御
エンドポイントとネットワークの双方向からデータを取得し、複雑な脅威を検出して防御
迅速なインシデント対応による
影響の最小化
感染後の自動対処に加えて、インシデントの検知と初動対処として端末隔離まで実施

ソリューションメニュー

基本機能

  • マネージドXDRソリューション
  • エンドポイント保護(EPP)/エンドポイントの検出と対処(EDR)/ユーザの行動分析(UBA)/
    ネットワークトラフィック分析(NDR)/インシデント検出・通知・初動対処

オプション機能

  • 拡張ハンドリング初動代行
  • 初動対処後のトリアージ(調査)・一次対応

連携ソリューション

  • Global SASE with IIJ Omnibus連携
  • 非管理デバイスの可視化・不審端末の通信遮断

基本機能一覧