SERVICEマネージド・コラボレーションサービス
COLLABO de! Worldよくあるご質問

サービス全般

ビデオ会議とWeb会議の違いは何ですか?

【ビデオ会議】
会議で相手の表情をみながらのディスカッションを主な目的としています。資料共有も可能なシステムが多く、最近では会議室に据え置く専用端末だけでなくPCやタブレット等から場所と端末を選ばない会議参加も可能になってきています。

【Web会議】
主として資料共有による共同作業を目的としています。ブラウザを使用してインターネット経由で接続でき、音声・映像・チャット等のコミュニケーション機能が統合されたシステムが多いです。

実機でのデモンストレーションは体験できますか?

東京、大阪、名古屋の弊社オフィスで、デモンストレーションを体験できます。
詳細はこちら

SI構築はできますか?

SI構築も対応可能です。 担当営業または下記お問い合わせ先までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら

他社とのビデオ会議接続は可能ですか?

接続可能です。実装方法はお客様要件ごとに異なりますので、担当営業または下記お問い合わせ先までお気軽にご相談ください。 お問い合わせはこちら

ビデオ会議端末の接続にネットワーク帯域はどれくらい必要ですか?

動画や音声だけでなく、資料共有、制御信号なども考慮すると1.5Mbps以上必要です。HD(720p)でご利用の場合は、2Mbps程度の帯域が理想的です。2Mbpsより小さい場合、画質を落として会議を行うことはできます。

契約してから何日後にサービスを利用開始日できますか?

【端末サービス】
1~2ヵ月(機種により異なります)

【専用型ゲートウェイサービス】
2ヵ月

【共用型ゲートウェイサービス】
2週間

【多地点接続サービス】
新規申込みは2週間。ポートの追加申込時は5日(多数追加する場合は1ヵ月以上かかる場合あり)

常設型ビデオ会議サービスでは、ひとつのIDを複数のユーザで共有することはできますか?

ひとつのIDを複数のユーザで共有することはできません。同一のユーザであれば、複数のデバイス(PC、スマートフォン、タブレット端末)を1つのIDで利用できます。

常設型ビデオ会議サービスでは、アカウントを持っていない他社の方のPCやモバイル端末とビデオ会議はできますか?

アカウントを持っていない方(ゲスト)ともビデオ会議できます。管理者からメールでビデオ会議のリンクを送付し、ゲストはリンクをクリックすることでビデオ会議に参加できます。ゲストとして参加できる端末は、PC(Windows、Mac)及びモバイル端末(スマートフォン、タブレット端末)です。初めてゲストとして参加する際に、プラグインをインストールする必要があります。
詳細はこちら

ゲートウェイサービス

呼制御のプロトコルは何ですか?

基本はSIPを利用しています。

H.323プロトコルのビデオ会議端末は利用できますか?

お客様のビデオ会議端末がSIPに対応していない場合、個別対応でH.323を利用する場合もあります。

専用型ゲートウェイサービスと共用型ゲートウェイサービスを併用することはできますか?

専用型と共用型のゲートウェイは併用できます。国内拠点は専用型ゲートウェイサービスの閉域接続タイプ、海外拠点は共用型ゲートウェイサービスのインターネット接続タイプで併用されているケースがあります。

端末サービス

ビデオ会議端末のトライアルはできますか?

トライアルできます。貸出先は、日本国内に限定されます。貸出期間は2週間です。1対1接続のみではなく、多地点接続のトライアルとの併用もできます。
詳細はこちら

ビデオ会議端末の月額サービスは、海外でも利用できますか?

利用できます。ただし、サービス終了時にお客様にて端末を廃棄処分し、廃棄処分した旨を記載した書面に捺印後、弊社へ提出していただく条件付きで利用可能です。

ビデオ会議端末だけ購入することはできますか?

ビデオ会議端末だけの販売も可能です。また、SI構築も対応可能です。

ビデオ会議端末の現地(オンサイト)での設置や保守は、IIJグローバルが対応するのですか?

原則として、弊社及び弊社パートナーで対応します。

多地点接続サービス

多地点接続サービスのトライアルはできますか?

2週間のトライアルが可能です。ビデオ会議端末のトライアルと併用することも可能です。
詳細はこちら

多地点接続サービスが利用可能な端末の条件はありますか?

下記が必要です。
① ゲートウェイサービスに接続(登録)できるビデオ会議端末であること
① AES128bitの暗号化が利用できること

多地点接続サービスの最大同時接続数はいくつですか?

標準では最大同時 50接続までとなります。50を超える場合には個別にお見積させていただきます。

多地点接続サービスの画面分割レイアウトは自由に選択できますか?

ビデオ会議予約システムで、アクティブ・スピーカー、話者強調、均等割りなど様々なレイアウトから選択できます。

Cisco社以外のビデオ会議端末も、多地点接続サービスを利用できますか?

利用できます。ただし、古い機種など接続できない機種もある為、弊社で接続確認を実施しております。担当営業または下記お問い合わせ先までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら


なお、弊社のトライアルプログラムをご活用いただいて確認することもできます。
詳細はこちら

予約システム

ビデオ会議予約システムは、何ヵ国語に対応していますか?

日本語と英語の2ヵ国語に対応しています。

ビデオ会議予約システムで予約すると、その予約情報はどのように入手できますか?

指定したメールアドレスに、会議の開催通知メールが送られます。そのメールに予約情報が記載されています。

ビデオ会議中、ビデオ会議予約システムでは、どのような操作ができますか?

ビデオ会議中は、以下の操作が可能です。
① ミュート
② 画面レイアウトの変更
③ ビデオ会議端末の追加
④ ビデオ会議終了時間の変更(延長)

録画機能

ビデオ会議の録画と配信サービスはありますか?

常設型ビデオ会議サービスで録画機能を提供しています。
詳細はこちら

ビデオ会議の録画データは、PCにダウンロードできますか?また、そのファイル形式は何ですか?

常設型ビデオ会議サービスで録画オプションをご利用の場合には、PCに録画データをダウンロードできます。ファイル形式はmp4です。

録画データは編集できますか?

COLLABO de! Worldサービス上では、ファイル名の変更など簡単な編集は可能ですが、録画データの編集はできません。PCなどにmp4ファイルをダウンロードし、汎用の編集ソフトウェアで編集することは可能です。ただし、編集後のデータを、再度COLLABO de! Worldサービス上に戻して、Webキャストすることはできません。

運用保守

ヘルプデスクとコンシェルジュサービスの違いは何ですか?

問い合わせ窓口として、ヘルプデスクとコンシェルジュサービスを24時間バイリンガル対応でご提供しています。
ヘルプデスクとコンシェルジュサービスではお問い合わせできる方が異なります。

【ヘルプデスク】
お客様のサービス管理者様からお問い合わせいただけます。

【コンシェルジュ】
エンドユーザー様からお問い合わせいただけます。エンドユーザー様向けに利用サポートを行うコンシェルジュサービスで、IT管理者様の運用負担を大幅に軽減します。