つなぐ

Network ITインフラ
アウトソーシング

売上への貢献、業務コスト削減、顧客サービス品質の向上など企業のIT戦略に求められる要件が増大する中、
既存システムの運用を行うには、クラウド利用の加速が必須となります。
マルチクラウド利用を前提としたIT基盤の統合・再構築には、
キャリアフリーでワンストップソリューションを強みとするIIJグローバルにお任せください。

IIJ Globalを選ぶ理由

マルチクラウド環境を見据えたキャリアフリーのネットワーク

マルチクラウド環境を見据えた
キャリアフリーのネットワーク

お客様が置かれている環境からクラウド活用に必要なネットワーク・セキュリティを、選定し、業務効率化に貢献するインフラ環境を提供します。

IIJグループのインターネットにおける豊富な実績

インターネットにおける
IIJグループの豊富な実績

多くのお客様で実績のあるIIJグループのサービスを提供することで、インターネットを通じたセキュアなクラウド利用を実現します。

ワンストップで提供できるソリューションラインナップ

ワンストップで提供できる
ソリューションラインナップ

マルチクラウド利用にあたりこれまで以上にネットワーク・セキュリティに必要な機能は増加、複雑化します。お客様要件に合わせた機能をオールインワンで提供します。

直面している課題を
お選びください

ネットワークの課題
セキュリティの課題

マルチクラウド活用における
既存ネットワークの課題

マルチクラウド活用における次世代プラットフォームの実現 イメージ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7

AWSやOffice 365の快適な利用

クラウドへのトラフィックを経路分散させることでトラフィック増に対応

クラウドへのトラフィックを経路分散させることでトラフィック増に対応

  • インターネットはバックボーン直結
    AWS、Azure、Office 365利用は安全で快適な閉域直接接続を提供
  • データセンター集中型によりボトルネックになっていた課題をトラフィック経路を分散させることで、快適なクラウド利用を実現

データセンター設備の
買い替え投資を抑制

SaaSによる大量セッション数消費に対応

SaaSによる大量セッション数消費に対応

  • インターネットゲートウェイに必要なファイアーウォール、プロキシを始めとする機能を仮想化及びサービスで提供
  • セッション数に対応するためのデータセンター設置のFW、UTM機器の買い替えコストを抑制
  • 適切なサイジングに応じて柔軟な拡張が可能

データセンター回線の本数、
コスト削減

各拠点のトラフィックが集中することで肥大化してきたセンター回線をスリム化

各拠点のトラフィックが集中することで肥大化してきたセンター回線をスリム化

  • データセンターに設置している業務サーバに必要なトラフィック量だけが流れるため、回線コストの見直しを実現
  • 物理回線を仮想ネットワークで分けることで、これまで用途毎に敷設していたセンター回線の物理本数削減にも寄与

IPv6やモバイルによる低遅延、
低コストなアクセス回線

利用するアプリケーション毎に最適な回線選択

利用するアプリケーション毎に最適な回線選択

  • アプリケーション用途に応じてネットワークサービスのレベルとコストのバランスを確保
  • 最短経路のIPv6通信でフレッツの輻輳問題を解決し、低遅延で広帯域の通信を実現

オートコンフィグでTCO削減

一元管理、変更によるリードタイムと作業工数の削減

一元管理、変更によるリードタイムと作業工数の削減

  • 全拠点のエッジルータの設定を一元管理することで、これまで何週間ものリードタイムで、個別に設定を変更していた作業を自動反映が可能

無線LANの可視化と制御で
生産性を向上

LAN内のトラフィックの可視化によるアプリケーション制御

LAN内のトラフィックの可視化によるアプリケーション制御

  • クラウドコントローラーを活用して設置している全てのアクセスポイントを一元管理
  • これまでセグメント単位で制御していたネットワークから、ユーザネイティブ、クラウドネイティブでの制御を実現

テレワークを支える
クラウド型リモートアクセス

データセンターを介さず接続することで利便性と安定性を向上

データセンターを介さず接続することで利便性と安定性を向上

  • データセンターを介さずアクセスすることで、シンプルに閉域でリモートアクセスが可能
  • セキュリティと利便性を両立させることで、煩雑な管理を軽減

マルチクラウド活用における
既存セキュリティ対策の課題

マルチクラウド活用における既存セキュリティ対策の課題 イメージ

クラウドセキュリティ

  • シャドーITによる機密情報漏洩
  • 許可ITのデータガバナンス未整備

インターネットセキュリティ

  • Webサイト改ざん
  • DDos攻撃
  • コードインジェクション
  • 感染サイトへの誘導
  • C&Cサーバへの通信
  • 標的型メール
  • 添付ファイルからの情報流出
  • HTTPS標的型攻撃
  • アクセス管理不備

イントラネットセキュリティ

  • 内部通信の脅威の可視化
  • 感染後の内部拡散防止
  • 多種多様なコンテキストへの対応
  • 場所やVLANに縛られない対策

エンドポイントセキュリティ

  • 非マルウェア攻撃
  • 標的型攻撃検知とレスポンス対応不備
  • 機器対策状況管理不備

セキュリティ運用

  • ポリシー管理不備
  • 体制未整備
  • インベントリ管理不備
「セキュリティ対策コストがどんどん増える」「本当にこれで対策できているのか」

マルチクラウド活用における
最適なセキュリティ投資サイクルの実現

落ち込むサラリーマン
喜ぶサラリーマン
セキュリティ最適化ソリューション
セキュリティ最適化ソリューション
セキュリティ最適化ソリューション

変化する脅威へ
適切なセキュリティ投資を

日々変化するセキュリティの脅威に対応するためには、準備、診断、可視化、計画、導入、運用、効果測定の流れで継続的PDCAを実施する必要があります。
そのためにはセキュリティ製品の導入が目的ではなく、変化に対応できる情報セキュリティマネジメントのプロセスが重要となります。

セキュリティ最適化ソリューション
  • リスク:現状可視化とGoal策定
    • セキュリティ対策状況を可視化/評価
    • TOBEモデルを検討しリスクとGAP分析を実施
  • コスト:積み上げ型投資の見直し
    • 重要評価項目に対する課題、スコアリング、優先順位を明文化しセキュリティ投資の最適化案を提示
  • スピード:導入/運用/改善実施
    • 豊富なソリューション群から導入/運用までをワンストップで提供
    • 効果測定/改善提案により変化する脅威へ継続的に対応が可能