SERVICEアナリティクスプラットフォームEnforce

サービスの特長

point1

WebベースのBI

いつでも、どこでもWebで利用できます。必要なのはWebブラウザあるいはモバイル端末だけです。各種デバイスに対応しており、Android, iPhoneなどのスマートフォンやタブレットで利用できます。

point2

あらゆるデータに対応

SQL、非SQLデータベース、Excel、CRMシステム、ソーシャルネットワーク等のデータソースへのコネクタを100以上作成しており、あらゆるデータに対応できます。MAP表示にも対応しています。

point3

クラウド or オンプレミス

クラウド、オンプレミスの両方に対応しています。

point4

無料のテンプレート

250以上の各種のチャートを内包し、自由に利用できます。

point5

独自エンジンでの処理

独自エンジンで大量のデータを高速に分析できます。

point6

各種のSDKでの開発キット

Javaや.NET等のSDK(開発キット)により、多彩な追加機能を開発できます。

point7

OEM

Enforce UtilizerはIoTやFintech等の組み込み(OEM)として利用可能です。

サービスイメージ

Enforceサービス イメージ

Enforce Visualizer/Enforce Utilizerの違い

Enforce Visualizer

通常のBIソリューションとしても、コネクタや各種のテンプレートを使用しています。これにより、ドリルダウン、モバイル、レポート配信といった各種の機能を提供。普段は「分析」ということを意識していないビジネスユーザから、データサイエンティストまで、幅広い利用者がセルフサービス方式のBIや視覚的な分析機能を自在に活用する事ができます。

Enforce Utilizer

データの持つパターンや変則性を明らかにし、データのリレーションから、予測分析や予防保全にご活用いただけます。このラーニング機能を駆使して、新たな洞察を獲得し、発見した事実に基いて、貴社の的確な意思決定をご支援致します。

サービスメニュー

IIJグローバルのクラウドアプリケーションとして、月額でのご利用が可能です。また、センサ等への組み込みをOEM提供する事も可能です。

初期導入時のご提供

  • データ整合性調査
    導入コンサルティング

  • ライセンス販売

  • システム構築

導入完了後の運用支援

  • システム運用サービス
    システム保守サービス

  • 教育・研修
    資格制度(予定)

  • お問い合わせ対応

ライセンス内容

必要な機能は全てライセンスに含まれている為、他のツールを導入する必要はありません。
1つのツールで管理する事により、業務効率の向上が期待できます。

  • 提供内容

    • データマイニング
    • テキストマイニング
    • マシンラーニング
    • ディープラーニング
  • 提供ツール

    • データアナリティクス
    • レポート配信・送信
    • 組み込みアナリティクス
    • コネクタ・テンプレート