株式会社IIJグローバルソリューションズ 新卒採用情報 TOP > 社員と仕事 > 社員紹介 > K・E

MEMBER
社員紹介

営業

任される責任と
期待の大きさが
やりがいに

K・E
2014年度入社

課題の抽出と提案、そして具体化。
営業がいるからビジネスは動く。
最前線を任される責任の重さと
お客様の期待の大きさがやりがいに。

若手でも大きなプロジェクトを
動かすチャンスが手に入る環境が、
大きな成長へ

もともと英語に興味があって、高校も英語教育が充実している学校に通っていました。大学も将来のことを視野に入れ、国際経営学科を選択。留学も経験して大学を卒業したら海外で働きたいという希望を持っていました。IIJグローバルはIIJグループの中でも日本国内の様々な企業の海外でのビジネス展開を支える役割を担っているという話を人事の方に聞き、とても魅力的に感じました。設立して数年で海外にもどんどん事業所を展開していますし、扱う案件もグローバルなものがとても多い。またITは私たちの生活の中でとても身近であり、世の中をリードしている存在。この技術は誰がどのように生み出して、牽引しているのか興味があったのもこの業界を志望した理由のひとつです。大企業ではなく中堅どころの企業を狙ったのは、会社の中でもお客様に対してもインパクトがあるプロジェクトに主体的に関わっていける機会が多いように感じていたからです。
入社後は希望通り、営業に配属。お客様との窓口であり、ビジネスがスタートするきっかけを作る役割でもあるパワフルな側面がこの職種の魅力です。主体的にお客様に提案させてもらえるなど、どんどん仕事をまかせてもらっている実感があります。一方で2、3年目以降は売上目標を持つことになって、営業として数字を追いかけなければいけない責任の大きさも感じながら仕事に取り組んでいます。

お客様のニーズに合った提案が
評価されるとうれしい

お客様のニーズにマッチした提案ができ、受注につながる瞬間はやはりうれしいです。現在担当しているお客様は文教関連と官公庁、自動車メーカーを含めた製造業です。偶然ですが、右も左もわからなかった1年目に引き継いだのは出身大学の案件でした。競合も多い中で契約を勝ち取るのは大変でしたが、卒業生としても愛着がありますし受注に向けて改めてすべてを一から勉強して課題を掘り下げて上司やSEの方をはじめとした先輩たちと一緒になってアイディアを出して作り上げた提案がお客様に評価されて受注できた時の喜びは何にも代えがたいものでした。キャリアに関係なく、ミーティングでは、どんどん意見が求められます。自分の考えを積極的に伝えることができるのは、IIJグローバルならではの風土だと思っています。
もちろん、なかなかうまくいかないこともあります。初めて私が提案から契約まで関わったお客様とのやりとりでは契約方法や納期のイメージに食い違いがあって、調整が必要になってしまいました。自分の会社のやり方が他の会社にも通じるのだと過信することなく、常にコミュニケーションを取って確認していくこと、ひとつひとつお客様の合意を得ながら進めていくことが大切なのだと痛感しているところです。

国内のマーケットで
営業力をつけて、
近い将来は海外で仕事をするのが
目標

IIJグローバルはあれこれ細かく指示を出すのではなく、自分で主体的に動いたことに対してアドバイスをしていく教育スタイル。自分のやりたいことや考えをアピールしてこそ得られるものがあるように思います。私もミーティングや打ち合わせでは言いたいこと臆せず言うタイプ。ときどき暴走して先輩たちに軌道修正してもらっています(笑)
やらなければいけないことが自分の持っている引き出しの中身で解決できなければ、どんどん先輩たちに頼る。社内には必ずその分野に詳しい人がいますから見つけて質問し、わかったことは次につながるようにしっかりストックしています。自分の力でできることを少しずつ増やしていっているところです。また、IIJグローバルはいい意味で女性を特別扱いしない会社。女性の働き方をサポートする制度もしっかりしているので結婚や出産を経て、プロジェクトの最前線で活躍している先輩たちが身近にいるのも励みになります。
将来的には海外で働きたいですね。海外の現地法人や事業所に駐在して、その国の人たちと一緒に仕事をしてみたい。ただ海外だろうが国内だろうが、営業としてやることは一緒。将来の目標を実現するためにも今は担当している国内の企業や学校法人、官公庁などのお客様に対してできることを丁寧にやっていきながら、しっかりと営業力をつけていきたいと思っています。

キャリアビジョンとロールモデル

営業として仕事をしていく中で先輩のH・Tさんからは特に学ぶことが多いですね。
H・Tさんも私と同じ営業職ですが、話の引き出しが多く技術や業界のトレンドの知識も豊富で営業職にも技術職にもなれる正にオールマイティな人だと感じています。
営業活動では数字だけを意識した提案になりがちですが、それではお客様が求めているシステムを提案する事はできません。
その中でH・Tさんは技術や業界のトレンドの話を用いて、お客様が本当に求めているニーズを引き出す事でお客様に提案し信頼関係を築いて行くのです。
H・Tさんと仕事をする中でそういう引き出しの多さがお客様との信頼関係を築く上で大切であり、幅広い情報を活かしてお客様に最適なシステムを提案する姿勢を学んでいます。
私も提案活動で活かせる引き出しを増やすためにヒューマンネットワークを広げるように日々努めています。
社内の先輩・後輩はもちろん、社外の勉強会で出会ったエンジニアさんとも交流を図る事で業界のトレンドをつかむと共に自分の引き出しを増やしていくようにしています。
私は現在自身の母校である某大学様をお客様としてセキュリティシステムの提案活動をしています。
提案をする上でまずはお客様が抱えている目先の課題をしっかりとヒアリングし、解決策を提示します。
また目先の課題を解決した上で全体の課題解決策を提案し、お客様と長い信頼関係を築いて行くと共に色々な視点からお客様を意識するように努めています。
そうした中でH・Tさんのように様々な知識を吸収して提案活動に活かす姿勢を参考に、私もシステムを利用する学生さんを意識したシステム提案が出来るように心がけて提案活動を行っています。
私もまだまだ勉強しなければならないのですが、そうした経験を積んで将来はグローバル案件でも活躍できる営業になって行きたいと考えています。

ネットワーク
フロー
ヒアリング
課題抽出
要件設定
提案内容を企画
提案
受注
1Dayスケジュール
太陽
0830
8:30

出社

メールをチェックし、お客様からのお問い合わせに対応。
午前中のアポイントに備えて資料の確認と準備

1000
10:00

お客様へ訪問

前回のミーティング時に課題となっていた点を、解決施策とともにご提案。
さらに追加で相談いただき、次回のミーティングの日程を調整。

1200
12:00

昼食

帰社の途中で、先輩SEと打ち合わせを兼ねて、一緒にランチ。

1330
13:30

帰社

ミーティング内容を整理し、上司と関連する職種の先輩たちに報告。
同時に、新たな追加要件の打ち合わせのため、社内ミーティングを調整。

1500
15:00

社内ミーティング

別件で進行しているプロジェクトのミーティングに参加。割り振られた役割と
スケジュールと自分がすべき内容を確認。

1630
16:30

デスクワーク

お客様対応を優先し、メールで対応。その後、プロジェクトで割り振られた内容を整理し、
資料を作成

1900
19:00

退社

本社の近くで、同期と食事会。お互いの仕事の情報交換だけでなく、
プライベートなことも相談する仲間がいるのは、大きな励みに。

月
▶ 扉ページに戻る
pagetop