株式会社IIJグローバルソリューションズ 新卒採用情報 TOP > 社員と仕事 > 社員紹介 > N・Y

MEMBER
社員紹介

営業

オーナーシップを
大切にして
契約後も主体的に

N・Y
2013年度入社

IIJグローバルの営業として
大切にしていきたい、
“オーナーシップ”
提案のみならず、受注、契約後の
運用にも主体的に関わっていきたい

ラグビーで培った
コミュニケーション能力を武器に
IT営業の高みをめざす

もともと社会の基盤となるインフラ関連のビジネスに興味がありました。学生時代の専攻は社会学で特にITに特化した勉強はしてきませんでしたが、ITはすでにライフラインも含めて社会インフラのひとつ。日常生活だけでなく会社の仕事でもITは切り離せないもので、今後もより一層必要とされていくだろうし技術の進歩も著しいと感じていました。そうした点からその中に身を置いてみるのも面白そうだと考えたのがIT業界を志望した理由です。
説明会や面接の場で話すIIJグローバルの先輩たちの姿からは、仕事に対する誇りを感じました。学生の自分にもとても気を遣ってくださってありがたかったです。実は初めて参加した会社説明会も初めて内定をもらったのもIIJグローバル。そんなうれしい偶然と、IIJグローバルの社員の方たちの人間的な魅力が決め手になって入社を決めました。
入社での配属では最初から営業職を希望していました。学生時代から縁あって社会人リーグでラグビーをやっていて、年上の方とコミュニケーションを取ることには慣れていたのです。チームでラグビーの話をするのとビジネスでお客様と話すのは違いますが、自社のアピールばかりをするのではなく、お客様が気づいていないニーズを会話の中で掘り起こしていったり自分に興味を持ってもらったりするスキルは、ラグビーでの経験が活きていると思います。

営業はIIJグローバルの顔。
契約後も
お客様に頼られる存在でいたい

自分が最初から関わって提案して初めて契約できた案件はやはりとても印象に残っています。お客様と現状を確認して課題を共有、意思を確認の上で導入のメリットをお伝えして、コストの回収見込みも提示します。一連のプロセスをSEやプリセールスの方たちを含めて社内の様々な職種の方たちと打ち合わせを重ねながら、丁寧に進めていきました。すべてがスムーズにいったわけではありませんが、何か困ったことがおこったときにお客様から営業として頼っていただけるとこちらも頑張りたくなります。社内を調整しながら最終的にプロジェクトをうまくまとめることができ、お客様から「ありがとうございました」と言われた時には営業としてこれ以上ないうれしさと仕事の醍醐味を感じました。
この時の経験から考えるようになったのは、営業は「オーナーシップ」が大切だということです。お客様にとっては営業が会社の顔。契約の時はもちろん運用中、何か起こったときに最初に連絡を受けるのも営業です。ですから顧客開拓、提案、そして契約までのプロセスは運用が始まったあとも責任を持って主体的に関わっていくことが大切だと思っています。

先輩たちをお手本にしながら、
新卒で入社する後輩たちを
引っ張っていきたい

既存のお客様を先輩や上司から引き継いで売り上げを拡大していくという営業がメインですが、自分の中で時間を作って新規のお客様の開拓にも挑戦しています。若手と言われる時期もそろそろ終わり。今のうちに時間の合間を見つけて、新規開拓にも積極的に取り組んでいます。電話営業を行ったり新しいお客様のところで思い切り一歩踏み込んだ質問をよくしたりします。そういった経験を積めるのも今のうちですし、新規開拓ができたら最初から私自身のお客様になるわけですから自ずと力が入ります。
そうした自分の考えを尊重してくれる先輩、上司、会社には感謝しています。特に先輩たちの中には、自分の数字を達成した上でチームのほかのメンバーのサポートしてくれる方もいて憧れますね。

仕事が終わったあと飲みに行ったり、休日一緒に釣りに行ったりといった付き合いも楽しんでいます。
IIJグローバル自体はそんなに大きな会社ではないけど、大企業のインフラを支える仕事ができる。自分の能力以上の仕事の量や質を求められることもあるけれどレベルの高い周囲の要望も、チャレンジするいい機会ととらえています。まずは若手の中でリーダシップを発揮して、みんなを引っ張っていける存在になりたいですね。

キャリアビジョンとロールモデル

色々な先輩から学ぶ事は多いですが一緒に仕事をしている先輩からは日々色んな事を学んでいます。
技術知識はもちろん、お客様の情報にも常にアンテナを張って提案活動に活かす姿勢には本当に憧れています。
そうした幅広い情報を活かしてお客様のニーズを引き出し、最適なシステムを提案する先輩から営業として必要な姿勢を多く学んでいます。
そうした先輩の姿を見る中で自分も視野を広げて知識を深めると共に周りの人を引っ張っていく存在になりたいと考えています。
今私は業界初の船に音声・動画サービスを導入するシステムをお客様に提案しています。
船に音声・動画システムを入れるには天候や衛星の影響を考えなければならない為、ITの知識だけでなく様々な知識が必要になります。
そうした中で先輩の様々な知識を吸収し、提案する姿勢を参考に私もそのシステムを利用するエンドユーザを意識したシステム提案が出来るように心がけて提案活動を行っています。
先輩から教えて頂いた事や自身の経験から学んだ事は後輩にも伝えて行きたいですね。
また将来はラグビーでも培ったリーダーシップの経験を活かしてマネージャーになっていきたいです。
但しマネージャーになっても現場で学んだ経験を活かして自らもお客様先に積極的に出て、現場でも後輩を引っ張っていけるそんなマネージャーになって行きたいと思っています。

ネットワーク
フロー
お客様の課題を抽出
社内調整・打ち合わせ
要件定義
提案
受注
運用
1Dayスケジュール
太陽
0830
8:30

出社

1日の予定を確認。メールチェック、午前中の外出に備えて資料を整理。
技術的なポイントを担当のSEにも念入りに確認。

0930
9:30

顧客企業に向けて外出

担当するお客様は、神奈川から東京都内が多い。都内のお客様の場合は、
30分圏内で移動できるところも。

1000
10:00

お客様へ訪問

受注し、運用が開始されたお客様のところへ。運用開始後に困ったことや
追加のご要望はないかを丁寧にヒアリング。

1130
11:30

帰社

お客様のところからオフィスに戻り、訪問した際の状況をすぐに整理。

1200
12:00

昼食

本社ビル内のカフェで、同僚とランチ。

1300
13:00

新規顧客に向けて外出

電話営業でアプローチしたお客様へ訪問。会社の強みやサービスの特長を
説明すると同時に、お客様の課題も合わせてヒアリング。

1430
14:30

帰社

訪問先のお客様の状況を整理するとともに、提案の概要をまとめる。

1530
15:30

社内ミーティング

参加するプロジェクトの進捗状況を共有するとともに、情報の収集。
営業だけではなく、他の職種の方たちからも最新の技術の情報なども吸収できる機会。

1730
17:30

デスクワーク

ミーティングに出た内容を整理するとともに、自分自身がやるべきことをまとめる。
翌日の訪問に備えて資料も作成

1900
19:00

退社

同僚と食事。後輩も誘って、本社近くの居酒屋へ。

月
▶ 扉ページに戻る
pagetop