株式会社IIJグローバルソリューションズ 新卒採用情報 TOP > 社員と仕事 > 社員紹介 > K・M

MEMBER
社員紹介

SE

エンジニアとして
顧客満足度の高い
技術力を磨く

K・M
2013年度入社

エンジニアとして
自分が作ったシステムが
お客様の課題を解決。
運用の大切さをふまえた
顧客満足度の高い
技術力向上を目指す。

ITの仕事を通じての社会への貢献。グローバルな活躍。
学生の時からの夢が叶った。

学生時代は生命科学が専攻だったので、システムに関して深い知識があるわけではありませんでした。ただデータの解析をするときなどには必ずITのお世話になっていました。それで就職活動をするときは、「ITを使って社会に貢献できるところ」と視野を広げて考えました。またグローバルに活躍できることを重視したのは、学生時代にたくさんの国々の留学生と一緒に学んだ経験が大きいですね。彼らの文化、考え方、価値観の違いや熱心に勉強する姿にとても刺激を受けました。
そのため企業を探す際は、「IT」と「グローバル」のキーワードで企業選びを行いました。そこで見つけたのがIIJグローバルでした。会社説明会や面接の時にお会いした社員の方々の言葉の端々からは仕事にかける熱い気持ちを感じました。こちらの質問にもご自身の経験に照らして一生懸命話してくださり「この会社のことをもっと知りたい」「こういう人たちと一緒に仕事がしたい」と思い、入社を決めました。
実際に入社してみたら、さらに熱い人がたくさんいてびっくり。自分の意見を持った"いい意味で個性的な人"が多くて本当に刺激的でした。学生の時から希望していた海外出張も含めたグローバルな案件にも参加することができて、充実した日々を送っています。

運用は一人で完結しない仕事。
納品後もチーム全体で
お客様を支えることが大切

入社後はSEとして運用を行う部署へ配属となりました。最初のうちは先輩にしっかりついてサポート受けながら仕事に取り組んでいましたが、入社2年目を迎える頃にはゼロからシステムの設計と構築を行う機会にも恵まれました。もともと技術に詳しいわけではなかったので、要望を一つずつ聞いて形にしていく作業はとても大変。一から十まで教えてもらえるわけではないので、一つ一つ自分で考えやってみて、わからなかったら聞いて調べての繰り返しで正解にたどり着くまでに何回ものチャレンジが必要でした。自分なりに工夫を重ねて納品したあとで、お客様から「使いやすくなった」、「便利になった」といった感想をいただけた時は本当にうれしかったです。一連の経験で自分の知識量も格段にアップしていました。プロジェクトがひとつ終わったら、これまでわからなかったことがわかるようになっていて、これも大きな達成感につながっています。
一方で、運用は技術が優れてさえいればいいというものではないと感じるようにもなりました。納品後に、いかに高い品質での運用を継続して提供できるかお客様に満足いただくために、その対応を含めたサービス全体のレベルを上げることの重要性を感じています。
気をつけているのは「適切な人に適切な情報を適切なタイミングで渡す」こと。運用中はヘルプデスクの方や運用エンジニアの方が常に稼働しています。システム変更をする場合などはあらかじめ情報を各所に伝達しておかないと、運用に支障が出てお客様にも迷惑がかかってしまいます。しかるべきタイミングでアウトプットして、きちんと伝わっていることまで確認するようにしています。

自分から動くことで、
欲しい情報も知識も技術も
どんどん手に入れられる

今の自分にとってSEとして、もっともっと知識を身につけていくことが今後の目標です。既存の技術はもちろん新しい技術もキャッチアップしていきたいですね。今は運用部門でSEの仕事もさせてもらっているので、新しいプロジェクトに参加する時などには、運用のこともわかるエンジニアというポジションを目指していきたいと思っています。そのために社内の先輩たちに教えてもらうのはもちろん、周りの方たちからお薦めされた本などもしっかり読むようにしています。先日読んだのは統計学に関するもの。監視システムのデータ分析などにも使える考え方なので、統計の知識を使いこなせることでお客様に、これまで以上に説得力を持って説明ができるようになるのではないかと思っています。
IIJグローバルの社員は知識の出し惜しみをしません。誰でも聞けばどんどん情報を出してくれます。質問できるガッツがあればいくらでも知識は手に入るし、やりたいこともできるようになっていく。ハイクォリティな社内ネットワークを活用しながら成長できる喜び。その醍醐味を私も実感している毎日です。

ネットワーク
フロー
運用状況をヒアリング
課題点を整理
細かな課題を調整
検証
システムへ反映
1Dayスケジュール
太陽
0850
8:50

出社

お客様含めて関連する各職種の方たちからのメールを確認。

0930
9:30

社内会議

1日の仕事のスケジュールをチーム内で共有。
前日の疑問点や課題点なども会議の中で確認、相談する。

1100
11:00

デスクワーク

会議で検討した内容を整理。自分自身の仕事内容をまとめる。
その後、担当する仕様書を含めてドキュメントを作成。

1200
12:00

昼食

リサーチしたい技術情報を見るため、デスクでネットを見ながらランチ。

1300
13:00

社内会議

担当するお客様の運用状況などを、関連する職種の方たちとミーティング。
進捗状況だけではなく、留意しないといけないポイントを全員で共有する。

1400
14:00

デスクワーク

ミーティングの内容をまとめるとともに、
その場で上がった課題を解決するためにドキュメントを作成。
その後、午前中に行っていたドキュメントを仕上げて、セルフチェックを丁寧に行う。

1900
19:00

退社

リサーチした技術情報をさらに掘り下げるため、大手のブックセンターへ。
ついでに先日、先輩に勧められた本も購入。

月
▶ 扉ページに戻る
pagetop